生活支援体制整備

生活支援体制整備事業

多度津町社協では、「誰もが住み慣れた地域で自分らしい生活が続けられる」ために地域の互助を高め、地域全体で支え合いの体制づくりを推進することを目的とする「生活支援体制整備事業」を町から委託を受け進めています。

生活支援コーディネーター

地域の困りごとを地域の中で解決できるよう、その仕組みづくりを支援するのが役割です

  • 小さな困り事と地域の力になりたい人とをつなげます
  • 多度津町には町全体のコーディネーター(社協職員)と各小学校区に1名(地域住民)ずつ、計5名のコーディネーターが居ます
  • 地域の集まりなどに顔を出して、情報収集することもあります

協議体

生活支援コーディネーターと一緒に、支え合いの仕組みづくりを考え、広めていくグループのこと。各地区のメンバーは地域のことを考えたい有志住民で構成されています。

  • 町全体の協議体 「たどつ支え合い笑顔の会」
  • 多度津地区の協議体 「たどつ助け合いの会」
  • 豊原地区の協議体 「豊原ささえ愛ネットワーク」
  • 四箇地区の協議体 「四箇ささえあいの会」
  • 白方地区の協議体 「チーム白方」

協議体からうまれた活動、サービス

▶︎「移動サービス チョイ来た」 
▶︎「多小 さくらっ子見守り隊」

地域の力、お宝発見

生活支援コーディネーターが、講座や取材を通じて皆さんと発見した地域にある「お宝」を紹介します。また、町内の「集いの場(2~3人で集まるお茶のみなど、定期的な会ならどんな形でも集いの場)」や「元気の源の活動」も紹介していきたいので、情報をお待ちしています。 ※お宝=「暮らしの工夫、人とのつながり」
▶︎奥のおしゃべりサロン